LPS-500およびLPS-1000スクリューパスタプレス

LPSH-500 press。 LPS-500スクリューマカロニプレスの主なノードは、投与装置、駆動装置を備えた3チャンバー混練装置、駆動装置を備えたプレスハウジング、ダイ交換機構を備えたラウンドマトリックスのプレスヘッド、および送風機である。 上記のノードはすべて、4つのサポートに取り付けられた金属フレームに取り付けられています。 図中、 4.3はこのプレスの図です。

プレスには、切断機構、ウォーターリング真空ポンプ、真空計、プロセスを監視するための圧力計、冷水と温水用の一定レベルのタンクを備えた配管システムが計量レベルより上に設置されています。プロセス。 そのデザインは、以前のプレスのデザインとは多少異なり、混練機への原料の供給を所与の比率でより滑らかに調整することができる。

計量供給装置は、混練機の上部チャンバの上方に配置され、同じ半シャフト上に結合されたスクリューフラワー計量ユニットと回転水計量ユニットとからなる。

小麦粉計量装置は12本体を有し、その内部に長さ11および直径430 mmの60中空軸の一端が配置される。 中空シャフトの外面にはシングル図1 4.3。 LPSH 500マカロニプレススキーム

図1 4.3。 LPS-500マカロニプレス方式

直径13、ピッチ158 mmの70スクリューオーガ。 小麦粉計量装置の上部には、小麦粉を充填するための14注入口があり、底部に小麦粉排出用の10開口部がある。

回転式ディスペンサーは、中空管の反対側に設置されています。 ディスペンサー本体には、冷水と温水を供給するための2つの17バルブと、回転時に水を中空シャフトのスロットに変える特別なプロファイルを持つ16インペラがあります。 XNUMXスロットを有するシャフトに接続されたXNUMXハンドルを回転させ、ラチェット機構を用いて中空シャフトの回転速度を変えることによってディスペンサタンク内の水位を変えることによって混練機に入る水の量を制御する。これはLPL − XNUMXMプレスと同じ設計である。 投与ユニットは、ニーダーのシャフトからのXNUMXチェーントランスミッションによって駆動される。 小麦粉メーターと回転式水道メーターねじの回転速度は、79 ... 18分以内に調整されます。-1.

ドウミキシングプレス機は、3つの室からなり、その全体の寸法は、第1の1つの1400x206x293mm、第2の1400x328x424mm、第3の8x44x40mmである。 第1の混練室9は、第2の7および第3の6の上に配置され、ロック付きの5格子カバーで上部が閉じられている。 このチャンバー内で、生地を4混練軸に取り付けたXNUMX混練刃を用いて混練する。 チャンバーの側壁にあるXNUMX窓を通して生地をXNUMX真空シャッターに送り、生地を2番目と3番目に送るときに必要な残留空気圧を提供します

真空シャッター4には、回転式フィーダー3があり、2つのポケットには750 cm3。 ロータは、第1のチャンバのシャフトから歯車を介して駆動される。 真空ゲートの回転子の回転速度22 min-1

第2および第3のチャンバは、36リロード窓によって下流で相互接続される。 部屋の中には、最初のものと同様に、ブレードと39フィンガーを備えた38混練シャフトがある順序で取り付けられています。

両方のカメラの37カバーは透明な有機ガラス製で、プロセスを観察することができます。 偏心クリップ35はカバーを密閉するために取り付けられており、カバーもドライブと連動しています。 ニーディングチャンバーは、製品と接触して研磨された表面を有するシート状のステンレス鋼1厚さで作られている。

混練室の3つのシャフトすべての駆動は、Vベルト駆動、ギヤボックスおよびチェーン伝動システムを介して21電気モータから実行される。 最初のカメラの軸速度75 min "1、2番目と3番目の軸の軸 - 60 min-1。 駆動装置は、カムクラッチによって混練軸から分離される。

第2の44および第3の40チャンバー内の生地混練の間に形成された蒸気 - 空気混合物は、ウォーターリング真空ポンプBBH-1を用いて特別な1,5フィルターを介して汲み出される。 フィルタは、入口窓の44チャンバの端壁に設置され、円筒形の46本体と、本体内部にある2つの47フィルタリング面で構成されています。 一方の表面は波状の金属メッシュでできており、もう一方の表面は布から作られています。 第1の表面は、小麦粉の小麦粉からの蒸気 - 空気混合物の第2の粗大な清浄を提供する。 フィルタハウジングは、フィルタをトラフハウジングに接続するためのフランジを有する45ノズルと、2ゲージを設置するための48真空ゲージノズルと、パイプラインを真空ポンプに接続するためのXNUMXノズルとを有する。

プレス本体は中実パイプアート製です。 20長さ1989および直径166 mmであり、その端部にプレスヘッドおよびプレスオーガーの縮小ねじを取り付けるためのフランジ24および43が取り付けられている。 (ヘッドに近い)加圧体の最大圧力の領域には、34 mmの直径を有する円筒形の冷却ジャケット230がある。 プレスケースの反対側の領域には、混練機の第3混練機から生地を入れるための41×210 mm寸法の100窓がある。 42オーガーが圧力ハウジングの内部に取り付けられています。

25プレスヘッドは、直径が350 mmの単一円形ダイのドーム型です。 ヘッドの一端は加圧体のフランジ24に取り付けられ、もう一端は22ストッパーで閉じられる。 23圧力計がヘッドの円筒形部分に取り付けられています。 ヘッドは、マトリックスを変更するための機構と、切断機構

マトリクスチェンジャーは、ダイの取り付けと受け取りのための水平30レール、33電動モーター、32ウォームギアボックス、31クロスヘッドに接続された2つの29トラクションスクリューで構成されています。 設置されたマトリックスのトラバースおよびセンタリングの大きさは、2つのリミットスイッチによって調整されます。 マトリックス交換機構の作動は、マトリックスの下方平面に対する切断ナイフの位置によって阻止される:ブレードが必要な距離だけ下降したときのみ、マトリックス交換機構電動機を作動させることができる。 マトリックスの排出時のトラバース速度

配管システムは、冷水と温水、排水と真空駆動の4つのラインで構成されています。

冷水は、生地を混練して加圧ハウジングのジャケットに注入するための投入ユニットに供給され、生地を加熱し、温水を投入ユニットに投入して生地を混練する。 使用されていない過剰の水は、加圧体のジャケットからの水だけでなくディスペンサーからも取り出されます。

プレスの仕事は以下の通りです。 小麦粉は小麦粉計量ユニットに供給され、温水と冷水は一定レベルのタンクからの水の計量ユニットに供給されます。 生地に入る水の温度はニーダーへの入り口で制御され、冷水と温水の比率を変えることによってディスペンサーの2つのバルブによって手動で制御されます。 混練機に入る水の温度は55 ... 65°Cであり、生地混練のための水消費量は130 l / hであり、プレスユニットを冷却するためには150 l / hである。

生地を三室混練機で混練する。 第一チャンバーでは、生地の強力な予備混練が6 ... 8分間行われ、それを真空シールを通してそれを真空下で作動する第二および第三チャンバーに供給する。 排気中の残留空気圧20 ... 30 kPa。 混練工程の合計時間は約XNUMX分であり、その間に、直径XNUMX…XNUMX mmの塊の大きさを有する微粉状の塊の痕跡がなく、緩やかで均一な色が得られるまで必要な生地が得られる。

最後のチャンバーから、生地はスクリューチャンバーに入り、スクリューチャンバーからスクリューチャンバーに入り、スクリューチャンバーからスクリューチャンバーに入り、プレスヘッドに入り、ダイを通してモールドされます。 プレススクリューの2回転速度(17,5および23,5 min-1)は、製造された製品の範囲に応じて性能を変えることができます。

この設計のプレス成形試験中の圧力は、9..12 MPaです。

パスタの品質を維持し、生産中の成形ダイをきれいにするために、その日に次の順序でパスタダイを交換することが推奨される:

28スチールリングをラバーシールで機構ハウジングに取り付けてください。

クリップに27マトリックスをインストールして26セーフティグリッドを貼り付けます。

機構のリバーシブルモーター33をオンにして、29ヨークを本体から最右端の位置に持ちます。

ダイを供給するためのテーブル上のマトリックスでクリップをセットし、モーターシャフトの逆回転を含める。 ヨークを動かすと、マトリックスを備えたヨークが作業位置を占めます。

LPSH-1000プレス。 プレスは以下の主要コンポーネントで構成されています:計量供給装置、遠心マフラー、2チャンバー混練機、2つのプレス本体、チューブ。 すべてのプレスアセンブリユニットは、床から3390 mmの高さでサービスプラットフォームに取り付けられています。 図中、 4.4は、LPS-1000パスタプレスの図です。

プレスには、2つの長方形の金型、特別なフィルターを備えたウォーターリング真空ポンプ、配管システム、およびコントロールパネル付きの電気付属品が装備されています。 プロセスの進行状況の監視は、電流計、真空計、圧力計を使用して行われます。

計量装置(図4.4参照)は、粉砕と水のための2つの回転式計量装置の形で作られており、それぞれには電動モーターとウォームギアボックスからなるドライブが装備されています。 2粉剤投与ユニットは、上部および下部に4および1ノズル用の2つの開口部を備えたハウジングであり、そこを介して小麦粉が出入りする。 ケースの中には、4つのポケットのローター3の特別なプロファイルがあります。

ウォーターディスペンサーは、フラワーディスペンサーと平行に配置され、透明5円筒管が取り付けられた長方形の7本体です。 強化されたセンサー6の上部と下部で、入ってくる水の上限と下限を制限します。 4ポケット回転フィーダー10の助けを借りて、水は導管の材料を通して11遠心粘液加湿器に送られます。 生地混練時の水分量の調整は、原料パイプラインに設置した8バルブを使用して行います。図1 4.4。 LPSH 1000マカロニプレススキーム

図1 4.4。 LPS-1000マカロニプレス方式

投与装置の設計は、成分がプレスの混練機に入るときにシステム内に必要な密封を提供し、それは少なくともXNUMX ... XNUMXMPaの残留空気圧で生地を混練することを可能にする。

11混練機の上部チャンバの上に取り付けられた20遠心式ムクーラは、両端に2つの接続管750および7を有する長さ12 mmの円筒形管である。 パイプの内側にはシングルスレッドの9オーガーがあり、その一端は特別なカップリングを使用して電動モーターシャフトに接続され、オーガーが900分の周波数で回転するようにします-1。 このようなスクリューの回転速度により、短時間でコンポーネントを混在させることができます。

生地混合プレス機は2つの室を有する。 長さ20、幅1700 mmの上部800チャンバーはステンレス鋼製です。 カメラの内部には17と19の2つのシャフトが平行に取り付けられ、18の混練ブレードが固定されています。 周波数42分のシャフトの回転-1 これは、Vベルト式変速機を備えた電動機および平歯車のシステムを含む個々の駆動装置から行われる。 駆動ユニットは、作動中に混練シャフトを止めるためのロックを提供する。 上部には、有機ガラス製の13スリーセクションピボットカバーが閉じられています。これは、チャンバー内に必要なシーリングを提供すると同時に、生地混練プロセスの視覚的監視を可能にします。 チャンバーの端壁の1つに、22ノズルによって接続された貫通穴が第2の下部チャンバー内に開口を有する。 このチャンバーは、最初のものと垂直に配置され、有機ガラス製の2ピースピボット21カバーで閉じられています。 16フィルターに接続された14パイプは、第2のチャンバーの端壁に固定されており、生地混練の間に形成された蒸気 - 空気混合物が真空ポンプで排気される。 15圧力計は、フィルターハウジングに設置され、生地の排出を視覚的にモニターします。 チャンバー内には、対称的かつ一定の角度で固定されたブレードを備えた23シャフトが設置されており、入ってくる生地を中心からプレス本体の穴に向かう2つの流れに均等に分配することができる。

62分の周波数を有する第2のチャンバーの混練シャフトの回転-1 これは、klinoremenny転送と1段の円筒形減速機で電動機から実行されます。

2つの押圧体は、第2のチャンバの下に、反対側でかつ混練軸の軸に垂直に設置される。 チャンバとプレスハウジングの接合点には、試験フローに入るための貫通孔24がある。 プレス本体は、長さ25および27の一連の2つのセクション810および1170、mmでそれぞれ構成される円筒形のチューブである。 セクションは、端部に2つのフランジ、すなわち、2つのフランジを有し、2つのフランジは、プレス装置のギアボックスハウジングとチューブを締結するための2つの極端なものを有する。 加圧ハウジングの第2の部分には、最高圧力のゾーンで加圧ハウジングの外面を冷却する水の供給および排出のための2つのノズルを備えた28 mmの直径を有するシリンダであるウォータジャケット220が設けられている。 軸方向に配置された31溝は、プレス本体の全長に沿ってその内面に沿って配置され、スクリューが回転しているときに生地が本体の内壁に対して回転するのを防止する。 26の長さの1955ネジ(140 mmのネジ)をネジのピッチ90 mmのシングルネジ29ネジをケースの内側に取​​り付け、ネジの端に3方向アタッチメントXNUMXを固定して、チャネル部分を流れるテストフローを均一に流します。

21,5と31,5 min'1の周波数での各スクリューの回転は、製造された範囲によって異なりますが、Vベルト駆動の電動モーターと2段のヘリカルギアボックスを含む2つの独立した駆動装置から行われます。

41チューブは、37直径mmの130パイプ、38 mmの直径を有する148接続パイプ2本、35マニホールドおよび39ダイからなる溶接構造です。 コレクタは、20 mmの内径を有する22ブロンズブッシングで構成され、ダイの長さに沿って試験フローを均等に分配するように設計されています。 プレス開始時に生地を短時間加熱するための36 kW電気ヒーターを備えた3,2オイルバスと40 MPa試験圧力で作動する16ヒューズがチューブの本体に組み込まれています。 成形圧力の視覚制御は、接続パイプに埋め込まれた30ゲージを使用して行われます。

955 mmまでの長方形の2つのマトリクスは、マトリクスホルダを使用してエンドツーエンドに取り付けられています。マトリクスホルダには、変更するための機構が備わっています。 この機構は、電動モータと、両側に固定された2つのウォームギアボックス

ダイを交換するには、32レールを使用してダイを押し出します。 この目的のために、新しい34マトリックスは、マトリックスの端部の39マトリックスホルダーの支持面の一方の端部に取り付けられ、これは交換する必要があり、マトリックスの他方の端部は32レール上にある。 その後、モーターがオンになり、2つの42ギアは、回転すると2本の33スクリューに前進し、レールはレールで固定されます。 同時に、設定されたマトリックスは、マトリックスホルダーにある両方のマトリックスを動かし、最初の43をチャンバーから押し出し、第2のマトリックスに取り付ける。 2番目の行列の置き換えも同様です。

コメントを追加します

Вашメールнебудетопубликован。 Обязательныеполяпомечены *